妻のパソコンPowerBook5300のLAN/MODEMカードの変換コネクターを壊してしまいました。

lancard.jpg (8024 バイト)

カードの左にある2つの破片が変換コネクターから壊れてとれました。ピンも曲がってしまいました。妻に残骸を見せたら、これアメリカで500ドルくらいはしたのよ。と言っていました。

新しく買うことも考えたのですが、Mac用の周辺機器というのは、選択肢が少なくて、値段が高めですね。それに、PowerBook本体が5300というもので、古くて余計周辺機器の選択肢が減っています。古い機種の周辺にあまりお金をかけるのも考え物です。

とりあえずは、僕のノートパソコンで用事が済むという可能性もあるのですが。

サポートを行っている株式会社 ディアイティを見つけたので購入できないかメールで問い合わせてみましたが、すでにDayna社はつぶれているみたいで期待薄です。と思っていたのですが、でも、送ってもらって故障状況をみてから何らかの対処を考えたいという様な返事が来ました。でも、顧客だと勘違いさせた可能性があるので、アメリカで買ったものだということをまたメールしておきました。結局、問題なかったみたいで、送ったら、今回限りということで、ファラロンとかいう別のメーカーの製品が送られてきました。手厚いユーザーサポートの一環ということでしょうか。

04/01/26更新