[HOME]

KJ法は5つのフェーズからなるわけですが、その考え方に沿って、現在僕がやりつ つあることを整理してみました。 もともとのKJ法では、{断片化、評価、グループ化、階層化、組織化}という風になっていたと思います。

でも、KJ法の本を読んだのは高校の時ですし、96/1の関心事にあわせて、かなり勝手な変更を加えています。 {アイデア、評価基準、歴史との調和、広報活動、問題解決} 結局このページは公開しないままになっていました。

アイデア

問題認識

シーズ

できることはなにか

未来予測

不便なことがあれば、それが発明のアイデアになるわけですが、結局の所、それが僕の場合は、ほとんどが、「多次元空間の最適化」と言える様に思えています。 例えば、詰め込み問題を考える時に、

多次元空間の分割

複数画像表示機能

統計に基づく占い Milkの理論に従う 統計量に基づく空間分割

パズル解き

評価基準

応用例

性能の追求

素敵なこと

評価

価値あること

面白いアイデア

性能評価の確立

より高画質に

離婚確率

相性

歴史との調和

互換性

上位互換性

機能追加

市場の要望に答える

既存の機能の吸収

対応フォーマットを増やす

Win95対応

スキャナー機能

運勢を占う

広報活動

親切設計

初心者向けの配慮

Macへの移植

収入のこと

TV出演

問題解決

企業理念

使命 しなければならないこと

減色市場の占領

占星術市場の占領

最適化問題市場の占領

04/01/26 15:38:59 更新

Google
Web www.PAG1U.net

seo
Tibet Support Network Japan(TSNJ)チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン チベットの今日は、明日の台湾、あさっての日本ということで心配なので、リンクだけ貼っておきます。

[HOME]  (C) MATSUOKA , Hajime