[HOME]

開発再開の経緯

pag1tetoのヘルプから1ページ抜き出しました。

90/10頃に、pag1を作ったのですが、擬似階調表示の部分に難がありました。それを解決するために色立体の凸包をドローネ4面体でパッチするというアイデアを思い付いて、まずdigtal8を作りました。でも、それを256の母点に拡張するプログラムに2ヶ月くらいかけて結局、完成しないままになってしまいました。プログラミングだけではなく、実行にも、時間がかかりすぎていて、実際的な意味を失っていました。それで、長らく中断していたのですが、94/2頃に、それを解決するアイデアが浮かんだので、また再開しました。

pag1tetoの現在のバージョンでは、ドローネ4面体でパッチするという辺りのプログラムはまだできていません。

それと、ホロスコーププログラムのWindows版を作っていたのですが、大きくなってくると、VBも重くなってきて、ちょっとよそ道に逸れたということでもあります。

関連ページ

飾磨区からロボットへ

2004/01/26更新

Google
Web www.PAG1U.net

seo
Tibet Support Network Japan(TSNJ)チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン チベットの今日は、明日の台湾、あさっての日本ということで心配なので、リンクだけ貼っておきます。

[HOME]  (C) MATSUOKA , Hajime